中国自動車企業のボルボ買収は成功するか?

投稿日2010/03/29

中国の吉利がスウェーデンのボルボの株式を親会社のフォードから1,660億円で買収するという発表がなされました。
これからの自動車業界で、中国企業が買い手となるM&Aが増えるでしょう。日本ではマツダいすず三菱自動車がターゲットとなります。
最近、発表しながら破断する大型M&Aが増えています。例えば、キリンサントリー。三菱自動車とプジョー・シトロエンの場合は単なる資本提携でしたが、これも破断になりました。
吉利のボルボ買収はすんなり進むのでしょうか?
おそらく進むでしょう。中国メーカーにとって、外資メーカーの買収は是が非でもやりたいことだからです。中国の自動車メーカーは殆どが外資と内資の合弁です。従来、中国メーカー単独で先進国並みの車を作ることはできませんでしたが、依然、中国企業は外国の技術力を取り込みたいのです。
また、同じくらいの規模の会社が提携する「水平統合」でなく今回は大が小を呑み込む「垂直統合」であることも成功の確率を高めます。キンリン、サントリーのような水平統合は、メンツや主導権争いが原因でうまく行かないことが多いのですが、救済や支配が目的の垂直統合では、有無を言わさずコトが進むからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)