「浅田真央評価」の構造的な問題

投稿日2010/02/24

今日は宮崎にいます。空港のテレビで、「日本国民の期待」を背負った浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技を見ました。
浅田選手は完璧、キム選手も完璧。浅田選手の場合、「オリンピック女子ショート・プログラムで史上初めてトリプル・アクセルを成功させました。」と、アナウンサーが絶叫しています。
しかし、結果はキム選手が5点の大差をつけてリードです。
これは何を意味するのでしょうか?
①テレビのアナウンサーと解説者が素人で、現状を理解していない。
②理解していても、視聴率を上げるために大本営発表をしている。
③採点方法がプロから見ても恣意的で曖昧である。
結局、③が要因ではなないでしょうか。
二人の点数の差はキム選手のコンビネーション・ジャンプのできからきているようですが、そんなワンポイントでこんな大差が付くルール自体が疑問です。「史上初のトリプル・アクセル」に何の意味があるのでしょうか?大本営発表でないとすると、解説者もこの状況を理解していなかったことになります。
プロでも分からない基準が適用される。これは一般観衆の納得を得られないのは当然と思いました。審査基準を細かく規定しないとだめですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(Spamcheck Enabled)